キン肉マンのまとめサイトつくりました→キン肉マン、キン肉マン2世データベース
完全復活!キン肉マン38巻
王位争奪編直後から始まる新シリーズ!懐かしの超人たちが熱き戦いを繰り広げます。1巻のラストは、誰もが驚いたまさに衝撃の展開!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ :
ジャンル :

キン肉万太郎の奇襲攻撃、成功するか?

究極のタッグトーナメント決勝戦、遂に開戦!

余裕をかます時間超人の隙をついて、

ひとりマッスルブラザーズヌーボーのキン肉万太郎は

決死の奇襲攻撃を仕掛ける!!

以下は次回のネタバレです。自己判断で!!




結果からいえば、キン肉万太郎の先制攻撃は見事成功!

時間超人も剛腕サンダーがハンマーフックのような張り手を返そうとしますが、

集中力が最大限まで高まったキン肉万太郎はいずれもかわす、かわす!

ライトニングを捕獲したキン肉万太郎は、

ネプチューンマンばりのスリーパースープレックスで、サンダーを投げ飛ばす!

しかも投げ飛ばしながら、

ライトニングとサンダーを衝突させるという抜群の冴え。

この攻撃が強烈なダメージを与え、

ライトニングは思わずエヴォリューションマウスピースを吐き出します。

サンダーはといえば、こちらもキン肉万太郎の強烈な攻撃で

やはりマウスピースを吐き出します!!


なにが、ここまでキン肉万太郎の快進撃を支えているかというと、

コーナーに控えるカオスの存在…!

いえ、いないんです。実際には。

いないんですけど、カオスの思いを背負って決勝戦のリングに上がった

チームメイトのキン肉万太郎には、確かにその存在が感じられて、

なによりも心強い。

「危なくなっても大丈夫だ!あとにはオレが控えている!」

「ありがとうカオス!僕たちはいつも一緒だ!」

と魂のメッセージを交わし合うマッスルブラザーズヌーボー。

見えざるカオスのバックアップにより、

キン肉万太郎は思いっきりのいい攻撃が出来ているんです。

さあ、このまま快進撃は続くのか!?

月曜日にまた感想を書きます!!

日本武道館ではこれまで何試合行われている?勝率の一番高い超人は?
キン肉マン、キン肉マン2世のデータベースサイトをつくりました。

完全復活!新シリーズ!
キン肉マン38巻

22年ぶりの新刊!
キン肉マン 37巻!

遂に完結!!
究極の超人タッグ編 28巻

↓↓友情パワーでクリックしてもらえると力でます。↓↓

にほんブログ村 漫画ブログへ
過去のキン肉マンの感想・ネタバレを読む
第22話 最初で最後の“必殺技(フェイバリット)”!!
第21話 水中決戦!!テムズ川の死闘!!
第20話 “技vs技”の水棲超人バトル!!
キン肉マン連載復活!!
第582回判別テストの診断結果!!
第581回時間超人の“二択問題(テスト)”!!
第579回セオリー破りのミレニアム!!
第577回ゴング前の“奇襲作戦”!!
キン肉万太郎の奇襲攻撃、成功するか?
第577回愛すべき“大バカ野郎”!!

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マウスピースを拾うまでの快進撃! カオスの幻影とかいいんだけど~ ケビンいらねぇ。

どうせ出さないのに強調するな。

万太郎がカオスへの思いを口にする描写はいい加減にやめて欲しいものです。どうせ土壇場でケビン参戦なんだから、持ち上げられるほどケビン登場時にカオスが惨めになるだけです。

さて、展開が遅いのでまたまた暗い話になりますが・・・

中井画伯はともかく、嶋田氏はもうダメですね。今まで育て上げてきた伝説超人及び二世の新キャラもほとんどの超人が株を落としてしまった。
あくまで自分の憶測ですが、なぜ二世がここまで酷くなったのか?
おそらく初代キン肉マン連載時には作者自身も若く、担当の意見にも素直に耳を傾けて描いていたのでしょう。連載漫画とは決して原作者だけで成り立っている物ではなく、担当と作者がガッチリ連携して素晴らしい作品になる訳です。ジャンプの担当がいかに優秀だったのかがわかります。

しかし、初代“肉”からもう30年・・・
いくら酒を飲んでいるとはいえ、嶋田氏がtwitterで“あんな発言”をするとは・・・初代キン肉マン終了後は全くパッとせずジャンプから見捨てられ、“ライオンハート”や“グルマンくん”のような作品では埒が開かず、今後どうなるのか?と思っていた時にプレボに救ってもらったわけですよね。全く恩義を感じていないのでしょうね。プレボに対しても読者に対しても・・・

「全てはオレの力あってこそ」

みたいに思っているのでしょうね。

おそらくプレボの担当(およびプレボも)は嶋田氏にナメられまくっているのでしょうね。コミックスの売上が落ちる事自体が人気が下がってきている事の照明なのですが、それを回避する為に担当が案を出しても嶋田氏が耳を傾けないのでしょう。

「何を偉そうに。お前ら若造にキン肉マンの何がわかる?」

ってなカンジで。

そうやって独りよがりで描き続けてきた結果がこのザマです。一見、試合が始まりワクワクするような展開に見えますが、このタッグ編で今までの財産(ネタ)を使い切ってしまいましたよね。次のシリーズやるにしても、マンネリ回避の為にはゼロから新しい物を造らねばなりませんが、現段階で旧作ネタに頼りっぱなしの状態では“お先真っ暗”です。ネタが尽きたら“ゆうれい小僧”辺りからでも引っ張ってくるつもりでしょうか?

もしかすると最近よく休載があるのは、既にプレボからは今シリーズ終了したら捨てられる事が確定している為かも知れませんね。休載の時間を使って、次の掲載誌との契約の為に四苦八苦しているのではないでしょうか?
まあ、プレボは兄弟誌が休刊になった場合、その雑誌に載るハズだった漫画を載せる為に、敢えてレギュラー連載を休載にすると聞きますから可能性は低いと思いますが・・・

とにかく今のレベルでは、打ち切られても続いても、読者にとってお先真っ暗とも言えます。

奇襲はかけても、相手が吐き出したマウスピースを足でグシャッと潰してしまわないのは正義超人の吟持でしょうか。

2対1で三本勝負って、考えてみればかなりえげつないですよね。肉の世界の一本はかなり曖昧で、マスク剥いでも一本、極端な話殺しても一本です。数的不利な万太郎は二本取らなければならず、逆に万太郎が負ける時は一本になりうる攻撃を二度喰らわされるわけです。肉王家はマスク剥ぎが切腹ものですから、マスク剥ぎが行われればそれで終戦です。

見てる側は乱入前提で見てるからいいんです。しかし、万太郎の意気を汲んだと思われる委員長が、ハンディキャップマッチにも関わらず三本勝負を曲げない所にひどさを感じます。

…カオスを背負った万太郎は、それさえも覚悟で戦いを挑んでいるでしょうね。

ケビン参戦なら時間の勝ちで

 読者の要望を全て取り入れていたらキリがないというのは百も承知ですが、
一番解せないのはヘルヘル対決と親子対決と悪対決をガチ対決にしなかった事。
 せめて悪対決だけでもガチンコの真剣勝負を描ききっていればカオスもこんな事にはならなかったはずです。
 これから委員長とケビンサイドからはおよそ正義超人とは思えないような屁理屈を聞かされ読者を失望させる事になるでしょう。
 とにかく「カオスを死に追いやったのは完璧超人と時間超人だ」という雰囲気を作り出し、ネプ、マンモス、時間2人を貶めれば貶める程、一番株を下げているのは実は
ケビンと正義超人サイドだという事は申し上げておきます。
 ケビン参戦であれば時間の勝ちでも構わないでしょう。
予選バトルロイヤルから勝ち上がってきた事を考えれば。

とりあえず

このまま一人ヌーヴォの状態で優勝して欲しいです(´・ω・`)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
過去のキン肉マン2世の感想・ネタバレを読む
第22話 最初で最後の“必殺技(フェイバリット)”!!
第21話 水中決戦!!テムズ川の死闘!!
第20話 “技vs技”の水棲超人バトル!!
キン肉マン連載復活!!
第582回判別テストの診断結果!!
第581回時間超人の“二択問題(テスト)”!!
第579回セオリー破りのミレニアム!!
第577回ゴング前の“奇襲作戦”!!
キン肉万太郎の奇襲攻撃、成功するか?
第577回愛すべき“大バカ野郎”!!

完全復活!新シリーズ!
キン肉マン38巻


22年ぶりの新刊!
キン肉マン 37巻!


遂に完結!!
究極の超人タッグ編 28巻


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

mangafan管理人

Author:mangafan管理人
30代。ガキの頃からのキン肉マニア。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
レコメンデーションエンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。